PROJECT

2021.12.16

  • エデュケーション
  • テクノロジー

ロボットオペレータ―スクールを開校、日本初となるロボットの遠隔監視オペレーターの育成を開始します

モトヤグループの日本交通教育サービス株式会社は 、 同社が運営する倉敷市真備町のドローンビジネスラボラトリー施設内で、 ロボットオペレータ―スクールを2021年12月22日に開校、日本初となるロボットの遠隔監視オペレーター育成事業に取り組みます。

遠隔監視オペレーター育成スクールは名称を「ロボットオペレータ―スクール 通称:ロボスク 」 とし、主に株式会社 ZMP が提供する歩行速モビリティ「 RakuRo (ラクロ)」、無人宅配ロボ「 DeliRo 」を用いて実施します。ドローンビジネスラボラトリー敷地内に作成した専用の教習コースを用いて、近接~遠隔監視の操作方法を学ぶことが可能となります。

ロボットオペレータ―スクールではスクール事業のみに留まらず、RakuRo ・ DeliRo を用いた公道での実証実験も実施します。 11 月に倉敷市真備町箭田で実施した岡山初となる RakuRo を用いた買い物支援の実証実験もその一つとなります。実証実験を重ねることで岡山の皆様に自動運転ロボットを受け入れて頂き、遠隔監視による公道での実証実験実現を目指します。

会社概要:URL

■日本交通教育サービス株式会社 https://www.jtes.co.jp/

■ドローンビジネスラボラトリー倉敷真備校 https://dlabo.jp

 

 

この記事をつぶやく

この記事をシェアする

KEYWORDS