常に

創業期であれ。

常に

創業期で

あれ。

1948年。はじまりは、「元屋」という名前の八百屋さん。
このまちで暮らす人々が元気になるものをお届けする。
創業時のその想いは日に日に大きくなり、
自動車教習所、飲食店舗、広告会社など
様々な事業へと広がっていきました。

創業70周年を迎え、私たちは今、原点である「モトヤ」を新社名に
新たな一歩を踏み出します。

( )は、私たちが創り出す未来。
そこにお客様一人ひとりの幸せにつながる
モノやコトをもっともっと当てはめられる組織集団へ。
これからも決して立ち止まることなく、失敗を恐れることなく、
新たな価値をイノベーションし続けていく決意を込めて。モトヤユナイテッド株式会社
代表取締役社長小野 新太郎

MOTOYA 企業紹介ムービーMOTOYA 企業紹介ムービー

多角的に事業を展開するモトヤユナイテッド。
〜全ては、新たな価値の想像という理念のもとに〜

当社は投資・不動産・広告・海外事業・運転教育・外食の6つの事業を展開しています。
しかし数年後、この事業体はおそらくガラリと変わっているでしょう。
私たちは、時代の変化とともに新たなサービス、新たな事業を次々と創造していきます。
創業期の勢い・情熱を10年先も、100年先も。
モトヤグループは、変化し続ける組織集団であり続けます。
あなたの夢を、モトヤグループで叶えていきませんか?

MOTOYAについて詳しく知るMOTOYAについて詳しく知る

当社は投資・不動産・広告・海外事業・運転教育・外食の6つの事業を展開しています。
しかし数年後、この事業体はおそらくガラリと変わっているでしょう。
私たちは、時代の変化とともに新たなサービス、新たな事業を次々と創造していきます。
創業期の勢い・情熱を10年先も、100年先も。
モトヤグループは、変化し続ける組織集団であり続けます。
あなたの夢を、モトヤグループで叶えていきませんか?