EVENT

2021.11.01

  • エデュケーション
  • テクノロジー
  • コミュニケーション

歩行速モビリティ「RakuRo」を用いた買い物支援の実証実験を倉敷市真備町にて実施します

日本交通教育サービス株式会社(岡山県倉敷市中島、代表取締役社長 青山知之)は、同社が運営する倉敷市真備町のドローンスクール(通称:dlabo/ディーラボ)と共同で、株式会社ZMPが提供する歩行速モビリティ「RakuRo(ラクロ)」を用いて、岡山県下で初となる買い物支援の実証実験を行います。

【概要】

「RakuRo(ラクロ)」を用いた新しい移動手段ならびにラストワンマイル問題や買物弱者への新しい提案として、実証実験を行う。ライフスタイルに合わせた買い物支援を想定し、用意した複数のルートから行き先を選択する形での移動を、近接監視者同行の元、検証します。市営箭田南団地ご協力の元、買い物支援面や移動手段としての課題の解決を図るとともに、遠距離監視型など、更なる実証実験への足掛かりとなります。

■ 実施日時 : 2021年11月19日金曜日~11月26日金曜日(悪天候の場合は、中止の可能性あり)

■ 開会式    : 2021年11月19日金曜日 10時

■ 開会式場 : ドローンビジネスラボラトリー 倉敷真備校 住所:倉敷市真備町有井1612-1

■ 実施場所 : 倉敷市真備町箭田付近 スタート地点:市営箭田南団地

日本交通教育サービス株式会社 https://www.jtes.co.jp/

ドローンビジネスラボラトリー倉敷真備校 https://dlabo.jp

この記事をつぶやく

この記事をシェアする

KEYWORDS