社員インタビューINTERVIEW

もっと車だいすき
株式会社倉敷自動車教習所
運転教育企画職
2016年年入社青山愛理AIRI AOYAMA

大好きな車と教習生の成長が、
活力になる仕事

中学校の時から教育の仕事にとても興味があり、
さらに大好きな車やバイクに乗れる仕事はないかと考えました。
企業説明会での対応とお話に魅力を感じ、
この環境で働いてみたいと感じました。
自分の資格や免許を活かすことができ、
私のやりたいことが全てできる場所だと思い
志望しました。

様々な免許を取得することで、
指導できる車種が増え、様々な業務ができます。
責任感のある仕事で自分の知識や技術を高めることができ、
スキルアップもできるのでやりがいがあります。

毎日笑顔。
そして一人ひとりに絶対挨拶をすること。
これは自分の中で決めていることです。
笑顔でいると、プラスの行動や
指導、アドバイスができます。
さらに自然とハキハキした口調になるので、
良い印象をもっていただきやすく、
話も聞いてもらえやすいので
いつも心がけています。
教習で1時間でも担当した教習生がいれば、
コミュニケーションとるようにしています。

Q&A

Q.1仕事をしている時に何が一番幸せと
感じますか?
自分の指導によって教習生の技量がどんどん上がっていく姿や、教習生が興味を持って運転や学科を楽しんでいる姿を見ると嬉しく、幸せな気持ちになります。 教習生が卒業後にお手紙をくれることもあり、落ち込んだ時に読み返すと元気がもらえて一番の活力になります。
Q.2この会社だからこそできたこと
当社は、教習生者数が多いこともあって、様々な個性を持った方を教習することができます。
その人に合った教習が出来るように、言い方・伝え方・指導方法など毎日勉強の日々ですが、とても楽しく教習しています。
他には二輪の免許を持っている人対象で実施している「ライディングスクール」や「ハーレーダビットソンの試乗会」など、教習以外でのお客様とのコミュニケーションも楽しいイベントです。
バイクに楽しそうに乗っている姿やコツをつかんだ時に見せる表情を見ていると私も笑顔になります。
教習だけでない経験もクラキョーの魅力のひとつです。
Q.3利用している
会社の制度はありますか?
運転免許資格取得制度を使って、「中型自動車」免許を取得しました。
会社に費用を全負担してもらって、スキルアップの援助をしていただきました。
朝の時間を使って運転の練習もできて、自分の運転スキルをあげるための手段として利用させてもらっています。
Q.4入社後一番のエピソード
普通車の指導員になるための勉強は、人生の中で1位2位を争うほど頑張りました。
同期と一緒に頑張ることができたので今では楽しい思い出です。
二輪指導員になるための勉強は、一緒に資格審査を受ける人が社内におらず、1人で必死になって勉強しました。どのくらいのレベルまで到達すればよいのか分からず審査を迎えたのを今でも覚えています。
先輩指導員にアドバイスをもらって、念願の二輪指導員資格を一発で取得することができて本当に良かったです。
Q.5休日の過ごし方
休日は買い物に行くことが多いです。
最近買った250ccのバイクでおでかけします。
なんでもノートにまとめたり整理したりスケジュールを立てるのも好きなので、家でゆっくりしている時もあります。
最近はまっていることは、部屋の壁紙を変えたり、デザインを自分で考えたりすることです。
また、料理も趣味で、料理のレパートリーが増えるように頑張っています。
Q.6入社する方へ
ここで働きたい!と思える会社をしっかり探して選ぶべきだと思います。
いいなと思って説明会などに行ってみても、実際は思ったイメージと違っていたり、話をよく聞いて分かることが多かったりします。
しっかり自分で情報収集して「ここだ!」と思える会社を見つけてください。
クラキョーは、若手でもチャレンジさせてくれる面白い職場です。
皆さまに会えることを楽しみにしています。